アイハーブ(iHerb)お互いに5%割引クーポン ATI2785

10年前にいたAV脳のセクハラおじさん

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

反出生主義を考える

生まれてこない方がよかったという思想
f:id:kuropantu:20211014204936j:plain:w200
体重39kg、体脂肪11%で生理が1日で終わってしまいましたが、今日もう一回経血が出て(39.9kg/12%)止まっています。

ライナスの毛布

前回に引き続き、最近同じ年齢の男性と通話しているのですが、兄弟がいるかいないかでこんなに人生経験の差が出るのか!?
話の引き出しがこう…私が上手く引き出せてないだけで、本当に意思疎通できてるのか自信がない私です。

この年齢で、「ちゃんと言葉で伝える」というコミュニケーションの在り方、
また「挿入だけがセックスではない」と身を挺して教えるハメになりました。

雰囲気だけでセックスするクセがつき、また女性側が痛い時に「痛い」とハッキリ言わないセックスばかりしていると「そんなこと言うなんて雰囲気ぶち壊しじゃんw」と他人のセックスを笑うハメになるのですね。
相手の身体を心配せず自分ばかり射精するとは何事なんですか。
素人の演技をしているだけでAV女優はプロだが…。
現実の女性側の負担は減らしてあげるべきなんだけど、それを知らないまま歳を食ってしまってるらしい。

現実のセックス中に痛いと思ったら言葉で伝える、勝手に察する文化、割とネガティブな誤解が生じるのでコミュ障こそちゃんと自分の言葉で伝える努力をした方が、お互い上手くいく。

仕事っぽい恋愛を楽しむ人間

あとは、遠隔で指示して料理させたりしています…買い出しのメモを作りおつかいを頼む擬似家庭ごっこ。めんどくさい。
「〇〇買い忘れた! 言ってくれよ〜!」なんて1人ではしゃいでいますね…。 予め、私に予定を伝えておき私がその日になったら伝えるというiPhoneごっこも、しんどい。
「どうして教えてくれなかったの!」「どうして起こしてくれなかったの!」と文句を言う。
心は乙女でありながら、恋愛は仕事の延長線上みたいに考えるタイプだ!
「やかましい!マンモーニがよォォ」って言ってたらマジのマンモーニだった

「こうやって(遠隔指示)料理するのも楽しいねー」なんて言われていますが玉ねぎのみじん切りから教えてるコッチ側が楽しいワケねえだろ…と少しずつイラつくことも増えてきました。
ひとりっ子特有のマイペースに、君は耐えられるか?

そんな男がこっちに来る往復チケットを買ってて絶望しています…。
パコルル「大自然のお仕置きです!」

なぜか一方的に好き好き言われてはいますが、特に優しくしたこともないのでVtuberに惚れてしまう現象こと「単純接触効果」と呼んでいます。
毎回私のくだらないTwitterのスペースを聞きにきていた辺りから彼は狂っていったので。

36歳、同棲経験もないのはコミュニケーション依然に割と問題抱えてるのはわかるんですが(私もなので)
距離感の詰め方バグってるよ
f:id:kuropantu:20211014203556j:plain:w200
幼少期から父親という存在が家庭になく、ライナス症候群のようにぬいぐるみを抱きしめて寝る男性と、新興宗教洗脳暴力で狂人(くるんちゅ)になった人間が同じ価値観で生きていけるとは思えない。

一線を超えずに、友達のままでいる方が関係は長く続くことなんて36年も生きていればわかる。

母親にもそれとなく言われているのでしょう「結婚はまだか?」「孫の顔が見たい」等。

ボキャブラリが貧困』という言葉が好きではないのですが、人生の焦りのようなものがやたら見え隠れし、スケベな話だけ率先して話出しますが、それ以外の会話ができてなさすぎる。
体感9:1の割合で下ネタをぶっ込まれているのでかなり印象が悪い。
オナ禁をやめろ!毎日精子を循環させろ!」と若干怒鳴ったくらい、苦しんでいます。

「キミは、潮吹いたことある?」という質問のなんとも言えない気持ち悪さったらない。
10年前にいたAV脳のセクハラおじさん、令和の時代にもいるじゃん。エロのことしか頭にないジジイが同い年になって存在してるじゃん。人里に降りてきた性欲モンスター。
今は「子供の名前、何にする?」という質問が吐き気がするほど苦手で、冗談でもキツい。
1度目は「要らねー!」と返事しましたが、後日なぜか改めて同じ質問をしてきたので、「男だったらシンジ、女ならレイ」と返しました。
f:id:kuropantu:20211014203553j:plain:w300
妬みや嫌味ではないのですが、父親不在とはいえ、ひとりっ子で育ちミュージカルが好きでディズニーや宝塚も触れて経験していて、
幼少期もご飯に困ることなく、1匹の犬を長く飼い続けられる不自由のない豊かな生活を送ってきた人間と
勝手な宗教的NGを食らってきてその日の気分で殴られてる時間の方が多く、たくさんの飼い猫や飼い犬を父親に殺されてきてる俺とお前の価値観はきっと180度違う。

私が"自分の赤子なんて迷いなく殺せる自信がある"というのは、「父親が目の前でペットを殺してみせた」という一種の成功体験があるからです。

「2人で育てれば大丈夫」なんて甘っちょろい夢みたいなことを言ってきますが、育児で子供と付きっきりになるのは私だけです。あまりの想像力のなさに絶句する。


そのコミュ力でよく歴代の女と付き合えたな!?とかなり疑っています。

いい加減にどこかに吐き出さないとストレスでどうにかなりそうだったので、ここへ。
ブログの更新が滞っている時ほど調子が良いのですね。