物理的に刺激されて体液を出した喪女の抱負。

今週のお題「2019年の抱負」

体液が出たら本気出す

ご飯を食べることが面倒な私は、依頼が入ればそちらを優先して作業を終わらせるし
食事なんかよりやりたいことがたくさんある。
しかもこのところ冷え込みが続き、
体を冷やさず洗い物もお椀とスプーンだけで済むような「お茶漬け」ばかり吸っている。
お茶漬け、納豆、バナナ。これが1日の食事になった。
食事が苦手なりに、40kgを維持していた体重も38kgになった。
当然生理も止まっている。

歯医者さん「唾液少なくね?」

月一くらいでお世話になっている歯医者さんから毎回言われてしまう。
モノを噛まないことで唾液が減り、口の中が洗浄されない状態だった。
「日常的に飴玉を左側で舐めているか?」ということまでバレた。
涙目のルカを知っているか?の時のブチャラティのテンションで質問が拷問に変わった。

バクテリア洗浄後、歯茎をマッサージされ唾液腺周りを刺激された
マッサージ中、噛む力が衰えたおばあちゃんにやるやつですよね…!?と何回も思って恥ずかしかったが、そんな気持ちとは裏腹に身体は正直で私の唾液は溢れ出てしまった…

オススメされたのは「ポスカのガム」

噛むことはやはり大切なので、食事が苦手ならガムを噛めばいいじゃな〜い
と提案してもらった。
歯科衛生士ことマッサージ嬢は「ほうれい線の対策にもなるし、私もガム噛んでるよ!ポスカのガムが好きなの。」
まさかのメーカー指定。
もちろんマッサージ嬢に言われるがままにポスカのガムをその日のうちにポチった。定期おトク便で。
なんとチョロい喪女なのか。喪女は人に優しくされると弱いのだ。

海外のガムはどうなの?

アメリカ人は歯がキレイなイメージだ。
野球選手も常にガムを噛んでるイメージだし、噛むことで脳みそに影響とか色々あるのだろう。(適当)

iHerbで確認してみるとやはり販売されているガムはキシリトールガムだった。
せっかくなのでミント系ではなくグリーンティー味のガムを注文してみた。
800円もする高級品だ。
前回のレモングラス消毒液とヒリヒリリップと一緒にこちらのガムも買っていた。

無駄に横幅が広いボトルなのは、店に陳列しやすいように設計しているのだろうか?
日本では縦長ボトルしか見たことない気がする。
いずれにせよ、私の来年の抱負は唾液も出す、経血も出す。
どっちもやらなくちゃあならないってのが発達障害のつらいところだな