ミニマリストの戦闘服(ユニクロ編)

お題「衣替え」

おはようございます! 同性に嫌われる自撮りが得意なフレンズことはえこです!

衣替えはやっぱりUNIQLO

少し前に流行っていたファーサンダルです。赤すぎ問題ありますね。これ、700円くらいでした。厚底なのでめちゃくちゃドスドス音がなるし、歩くのは鉄下駄修行並みに疲労します。 わしゃドッスンか!!

面接コーディネートはユニクロ

衣替えと言っても私は下に履くパンツ(ズボン)が変わるだけで上はチュニックにカーディガンですね。
10月だとワンピース(カーディガン)、ジャケット。

中身はユニクロブラトップバレエネックコーディネート(いつもの)
ちなみに下もユニクロルメールコラボのかっこいいパンツ…ズボン(まだパンツと言えない昭和)

ワンピースは貧弱に見えるし下に黒を仕込むか
名前を右に縫ってるので隠したければカーディガンという流れ。
大きい仕事は高級服で気合い入れてしまいますよね。
もうね、後ろに脱ぎ捨てたジャケットがね、性格出ますよね〜〜。

高級ジャケットを選ぶポイント

個人的に気に入ってるのはジャケットも全部お家で洗濯できることですね。
ガンガン洗えるから3万円くらい出しました。
少し制服の幅を広げてしまって私の中のミニマリスト的制服の定義が揺らぎそうなほどです。