うつヌケの凄さはカラー!

やっと、今更読みました(読めました)
内容は確かに「僕はこうやって鬱を乗り越えました!」って感じなので人の不幸を見て安心したいという人間向きではないです。
結果的にどうなった…よりも、これ注目したいのはカラーなんですよ。
基本的に、田中圭一先生もキャメルのジャケットに赤のネクタイってコーデなんですよね。
(私も同色ジャケットを意識して着ているので気になりました)

ウツ状態の時にこの漫画を読んだとしたら白黒漫画と同じに見えます。評価するべきは内容より色彩。
本当にウツ状態の時は本なんかまず読めませんから。(文字が頭に入ってこない)
表紙が優しいピンク色なのも良い!